注文住宅を兵庫で建てる加古川市の住宅会社 株式会社三建

あなたと創る家 WITH U MADE ウイズ ユーメイド住まいるプラス

加古川・姫路の注文住宅会社 株式会社三建 フリーダイアル0120-24-0032

間取り事例Book 無料請求

  • ホーム
  • WITH U MADEとは
  • 私たちが選ばれている理由
  • お客さまの声
  • 施工事例
  • 体感モデルハウス

知る

つよい住まい システ化されたラーメン構造。揺ぎない骨組みの耐震構法SE構法

ソーラーシステム《そよ風》は、太陽熱や夜間の放射冷却など自然のエネルギーを利用して室内に快適な温熱環境を生み出すシステムです。

冬は日中の太陽熱を利用して屋根面で暖かい空気をつくります。
また夏は夜間の放射冷却を利用して屋根面で涼しい空気をつくります。つくられた暖かい空気や涼しい空気はファンで床下に送られ、基礎の土間コンクリートに蓄熱・蓄冷されます。
さらに床下に送られた空気は床吹出口を通じて室内に取り込まれ、室内全体を一日を通じて快適な温度に保ちます。

このように《そよ風》は室内に新鮮な外気を快適な温度で導入する体にやさしいシステムです。また自然エネルギーを利用しているので、環境にもお財布にもやさしいシステムです。
《そよ風》は家の構造と一体となって働きますが、通常、次の部分から構成されています。

冬の朝、日射がある日には屋根面に太陽が当たり、軒先から入った空気は徐々に温度を上げながら棟に向かって上昇していきます。

棟温度が所定の温度に達すると、そよ換気ユニットのリターンダンパーが屋根側に開き、排気ダンパーは室内側に開いて、取入ファンが回り、温風の取り入れが始まります。取入れられた温風は、床下のコンクリートに蓄熱されるとともに、家の隅々まで行き渡ります。

 

冬の季節、一般の住宅では日射がなくなると室内は急に冷えてきますが、「そよ換気」の住宅では床下の蓄熱コンクリートからの輻射熱があるため室温の低減は抑えられます。

日射がなくなると、リターンダンパー、排気ダンパーは室内側を閉じて、室内や床下の熱が外に逃げるのを防ぎます。日射が足りなくて寒い昼間や蓄熱が足りない夜には、補助暖房を利用しますが、「そよ換気」で循環運転をすると、補助暖房の熱を屋内全体に行き渡らせることができます。補助暖房はストーブ、温水ブイラー、エアコンなど様々な暖房器具が利用できます。

夏の日中、室内の換気は棟の頂部に集まり、小屋裏は高温になります。「そよ換気」は小屋裏の熱気のこもった空気を吸い出し、同時に屋根集熱面を冷やします。

夏の朝、戸外にとめた車の屋根がびっしりと露で濡れていることがありますが、これは放射冷却現象によるものです。車の屋根が周囲の空気温度よりはるかに冷たくなることで起こる現象です。
「そよ換気」は夏の夜、放射冷却現象で冷たくなった金属屋根の裏側に外気を通して、屋内に取込ます。左の図は、軒先から取入れられた外気が屋根面で冷やされ、家の隅々に行き渡る様子を示しています。涼風取入運転によって、次の朝、高原のさわやかさを感じることができます。

5.構造部材/集成材・SE金物 断面欠損が少なく、地震に強い接合部。耐震性に優れた大空間が可能に。



太陽熱で空気を温め、床下に送るので、暖房エネルギー代は一切かかりません。(送風ファンには電気を使います。)

 

日中に取入れした熱は、床下のコンクリートに蓄熱されて、夜に少しづつ放熱しますので、夜も暖かさが続きます。

吹き抜けは、室内の上下の温度差が生じて底冷えしますが、「そよ風」は床下に暖かい空気が送り込まれますので底冷えしません。

夏の夜間は放射冷却現象によって冷やされた空気を室内に取入れることができますので、朝には高原の涼しさを感じられます。

 

「そよ風」は夏の日中の暑い空気を断熱された屋根の上で排気しますので、日中小屋裏が暑くなりません。

外の空気を取入れて温めるので、室内の空気はつねにきれいです。

外の空気を取入れて温めるので、室内の空気はつねにきれいです。

夜間や、天気の悪い日など、薪ストーブを炊くときに天井にたまった熱気を床下に循環させますので、効率良く家中を温めることができます。

 
小冊子無料プレゼント
お問い合わせ
資料請求
体感する
小冊子無料プレゼント
Facebook
Instagram
三建スタッフブログ
ページトップ